デスクトップ型パソコンのHDDをSSDに交換する方法

デスクトップ型パソコンのHDDをSSDに交換する方法

デスクトップ型パソコンのHDDをSSDに交換する方法

 これまで販売されてきたデスクトップ型パソコンはHDDが主流でしたが、
起動の速さとデータの読み込みの速さから、最近ではSSDを標準で搭載しているパソコンが増えてきました。

 こちらのページでは、デスクトップ型パソコンのHDDをSSD交換する方法について、
わかりやすく解説しております(^^)


一般的な2.5インチのSSDをデスクトップ型のPCケースに取り付けていきたいと思います!

まずPCケースを開けるとHDDを取り付ける3.5インチベイを探します!
写真ではすでにHDDがついていますが、その上の空きにSSDを取り付けたいと思います!

 

SSDを取り付ける際に問題になるのが、SSDの2.5インチというサイズです!
デスクトップ型のHDDは3.5インチなので、そのままだとSSDを取り付けることができません!
そこで(右写真)のような2.5インチ→3.5インチ変換マウント(アダプタ)を使用します!

 

このマウントですが、3.5インチのHDDとねじ穴のサイズ、ねじ穴の位置ともにまったく同じように設計されています。このマウントにSSDを固定して、SSDをHDD用の3.5インチベイに取り付けることができるようにします!

 

(左写真)SSDの裏面です。
マウントにSSDを乗せて、裏からミリねじを使って固定します。

パソコンに使うねじにはインチねじミリねじがありますが、
間違えてしまうとねじ穴を壊してしまいますので、必ずねじは間違えないようにしましょう!
インチねじの方が少し大きく、ねじのピッチ(段々)が広いです。

こんな風にSSDを固定できます。

3.5インチベイにスッポリはまりますので、ここはインチねじを使って固定します。
忘れずに反対側のねじも締めておきましょう!

 

うまく3.5インチベイに取り付けできましたか?
取り付けできたら後は電源ケーブル信号ケーブルを差し込めば完了です!


 以上がデスクトップ型パソコンのHDDをSSDに交換する方法です。

今回ご紹介しましたのは、最も基本的なねじを使って3.5インチベイにSSDを取り付ける方法をご紹介しましたが、PCケースによってはねじを使わずに固定できるようになっているものや、ベルトやマジックテープで固定するようになっているものもありますが、簡単ですので臨機応変に対応してくださいね(^^)

ページの一番上へ>   次のページ→ノートパソコンのHDDをSSDに交換する
サイトのTOPページへ