SSDとHDDの速度

SSDとHDDの速度

SSDとHDDの速度(CrystalDiskMark)

 こちらのページでは、SSDとHDD速度についてわかりやすく解説しております(^^)


 SSDはHDDより速い!と言われていますが、
本当にそうなのか、CrystalDiskMarkという有名なフリーソフトで検証してみたいと思います!

下の画像が同じ環境でSSDとHDDの速度を、
「CrystalDiskMark」
を使って計測してみた結果です!

 

左側が読み込み速度(Read)、 右側が書き込み速度(Write)
「Seq」は、「シーケンシャル」といって、連続したデータを読み書きしたときの速度を表示しています。

「512K」「4K」は、「512K」は512KB単位のランダムアクセス「4K」は4KB単位のランダムアクセスをしたときの速度を表示しています。

「4KQD32」は、NCQ機能を使ったランダムアクセスの速度を表示しています。NCQというのは、いろいろなデータを効率の良い順番に並び替えてから処理を行う機能です。

この数値から読み取れることとして、「Seq」ではRead(読み込み)速度ではHDDの2倍以上の速度ですが、Write(書き込み)速度では、HDDより少し劣っています。

実はSSDはHDDより連続したデータの読み込み速度はすごく速いのですが、書き込み速度は少し劣るんです!

読み込み速度が速いと、電源スイッチを入れてからデスクトップ画面になるまでの時間が短縮されたり、アプリケーションの起動が速くなったりします。逆に書き込み速度が遅いと、重い動画ファイルなどをコピーして書き込むのが遅くなります。

また「512K」「4K」というところを見ていただきたいのですが、「512K」のところでは、ReadはSSDの方が速いのですが、WriteではHDDとそれほど変わりません。しかし「4K」のところになると、HDDの速度を大きく引き離しています。

以上のようなことから、
SSDはHDDより細かなデータの読み書きが劇的に速いということがわかります!

SSDはHDDの2倍も3倍も読み込み速度に優れているので、
使用してみた体感的には、とっても速く感じることができるのです!


 以上がSSDとHDDの速度です。

SSDは読み込みも書き込みもHDDより高速かと思いきや、
実は書き込みに関してはHDDに一歩譲る場合もあるのです(^^)

ページの一番上へ>   次のページ→SSDが苦手なこと
サイトのTOPページへ